トップページ > 冷え性対策 秋ヴァージョン

冷え性対策 秋ヴァージョン

寒さ本番の冬に向けて、秋は準備をする時期です。冬を快適に過ごすためにも、早めに冷え性対策をしましょう。

 

予防策1 日々の運動を習慣にしよう
毎日の生活で運動しないでいると、血を流す力が弱まり血行が悪くなります。体を温める熱を作るのは、全身の筋肉です。運動が足りず、筋肉が細くなったり、ダイエットなどで代謝が下がっていると熱を生み出す力が弱まってしまいます。

 

熱を生み出す力が減れば、どんなに厚着をしても温まりません。なので、「温まりやすいからだ」に変わるためにも、運動を習慣にしましょう。

 

また、代謝をより上げるために、足のポンプ力を向上させるスクワットや、体の中でも大きな筋肉を占める腹筋を鍛えるといいでしょう。ただ、筋力運動をした後は、必ずストレッチを行い筋肉が固まらないようにしておきましょう。

 

予防策2 お風呂はゆっくりと
体に蓄積された老廃物を追い出すためには、胸から下だけ湯船につかる半身浴がいいでしょう。ポイントは、手をお湯に入れないこと、38-40度くらいのぬるま湯に20-30分ほどつかること、みぞおちから下をじっくり浸かり汗を出すことです。お風呂用のいすを使うなど、工夫して楽な姿勢でお湯につかりましょう。

 

予防策3 洋服の足し引き
秋口は朝晩の温度差が開きます。マフラーやカーディガンなど持ち歩いて、冷えた時に対応できるようしておきましょう。

 

予防策4 食べ物にも気を付ける
秋は旬の味覚が味わえることから、「食欲の秋」と言われます。私たちの体は、寒い時には体を温める食品、熱い時には体の熱を冷ます食品を求めるなど昔から「旬の食べ物」で知らず知らずのうちに、対策・予防されていたんです。

 

ミネラルやたんぱく質などを豊富に含み、体を中から温める「陽性」の食べ物をとるようにしましょう。