冷え性を改善したい人に人気サプリのランキングと効果

冷えにはふくらはぎを温めよう!

 

体の持つ力で冷えを改善しましょう、安全な健康法です。別名「第二の心臓」というふくらはぎ、温めて免疫を上げよう!日本人の体温は36.9度が平均です。ただ、季節に関わらず血を送り出す足元は、心臓の周りより約5度近く低くなっています。

 

暖房や冷房のかかった部屋では、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に行くことから同じ体でも10度以上差があることもあります。私たちの体のなかで、一番冷えやすい足元は1年中冷やされているのです。

 

対策として、「頭寒足熱」というように、下半身の保温で足元を暖かくしたりと暖かい血を届けることが重要です。特にふくらはぎは酸素や栄養、免疫物など健康を守る新鮮な血を心臓から足先へ、また足先から心臓へ汚れた血を送るポンプを担っています。

 

ただ、ふくらはぎには表面積が広いのに筋肉が少ないので、血を冷やしやすいという特徴があります。それだけでなく、寒さを感じると血管が縮んで、血の量も少なくなります。

 

つまりふくらはぎを温め、ポンプの働きを向上し、血の量を増やすことで、血液を足先まで暖かく維持することが大切なんです。血の流れが良くなっていけば、免疫が高まり、体の持つ治癒力も強固なものになります。

 

冷えからくる症状を軽くし、健康的な生活を送りましょう。ふくらはぎは寒さを受けやすいので、一度冷えると温まるまで時間を要します。

 

対策として、ふくらはぎレッグウォーマーを日常的につけ、ふくらはぎを冷やさないことが挙げられます。ふくらはぎレッグウォーマーは、着用するだけなので、他の薬などの治療や健康対策に安心して付け加えることができます。

 

冷え性に効く食材―生姜

 

生姜の効き目は?
漢方でなじみのある生薬と言えば、「生姜」が思い浮かびます。漢方では「ショウガ」ではなく「ショウキョウ」と呼ぶそうです。漢方の約の半分に生姜が含まれているといわれる程、しょうがの薬効は幅広く活用されています。

 

漢方では、「乾燥させた生姜」「生のしょうが」で働きが異なると言われています。「太陽堂漢薬局」さんのサイトによる違いをまとめました。

 

・生姜(ショウキョウ)
生のしょうがをこう呼びます。私たちの馴染みのある生姜そのものです。

 

・乾生姜(カンショウキョウ)
生の生姜を乾燥させ、1/4にしたものです。

 

・乾姜(カンキョウ)
生姜を蒸して乾燥させたものです。生姜の皮をむいて熱湯に浸しでんぷんを糊化して乾燥します。

 

生姜全般の効能
「漢方寒治療を考える」というブログの中に生姜について書かれていたことを、参考にしながらまとめました。

 

・熱産生作用
生姜成分のジンゲロールは寝産生成分と言われ、冷えを改善する働きがある。

 

・吐き気止め作用
抗がん剤、吐き気、妊娠のつわり、乗り物酔いなどの吐き気に対する有効性がある。

 

・健胃・整腸作用
刺激作用によって胃の働きを活性化し消化を盛んにします。

 

・抗炎症作用・鎮痛作用・抗酸化作用
痛みの軽減などが認められています。
他にも食肉製品の腐敗を防いだり、賞味期限を延ばす効果もあります。

 

・抗動脈硬化作用
生姜は血小板トロンボキサン産生を抑え、血小板の塊を抑えます。また吸収を防ぎ排泄を促しコレステロールを低減させます。

 

・抗菌作用
いろいろな病原菌に対し抗菌作用があります。

 

乾生姜・乾姜の効き目

 

生姜全般には上記のような効能がありますが、その中でも乾姜・乾生姜にはいかのような違いもあります。
乾姜: 「冷え」を除き代謝を促す。
   血行不良や咳嗽を改善とした処方が多い。
乾生姜:胃の働きを良くし、肺に作用して咳を止めたり、嘔吐の改善に役立つ。

 

体を温める働きはどの生姜にもありますが、乾生姜や乾姜の方が強力です。なんでも乾燥・蒸されるなどで成分がぎゅっと詰まっているだからだそうです。風邪をひいたら「生姜湯」とはよく言いますが、それにはショウガの持つ様々な効能からの言葉なのですね。

 

更新履歴